高血圧 市販薬 ブロプレス錠ジェネリック

アタカンド(ブロプレス錠)の成分

カンデサルタンシレキセチルは

アンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれています。

アンジオテンシンIIを阻害することで体の血管が広がり

水分や塩分を調整して血圧を下げる薬です。

日本では武田製薬からブロプレスの名前で販売されています。

ブロプレス錠は、心臓病、心不全、腎臓病にも有効と言われています。

28錠の価格:2740円

ブロプレス錠ジェネリック

毎日飲む薬だから値段が安いと助かります。

薬の成分も効き目も、病院で処方されるのと同じです。

今回はストック分も入れて2箱購入しました。

テラソジンを試してみましたが

効果が穏やかでしたので

以前病院で処方されていた

ARB系のこちらを試してみました。

降圧の効果は、しっかりありました。

ノルバスクを継続して使用していましたが

調子がいいので、この商品に変えてみました。

私にはノルバスクの方が合っているようです。

またノルバスクに戻ろうと思います。

ブロプレス錠ジェネリックの他の口コミ

※関連記事

日本製のブロプレスの販売

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.